レディースローンは専業主婦に優しい?

レディースローンというのは、なにかとお金が必要な女性のために、ふつうのローンよりも、女性が借りやすいように配慮したもののことをいいます。
電話をしたときに相手のオペレーターが女性であったり、店舗のなかでも女性の店員が対応してくれたりしますので、お金を借りるにあたっての心理的な負担が少なく、同性であることからも親身になって対応してもらいやすいということができるでしょう。

しかし、それでは一般的なローンでは融資をことわられてしまうような専業主婦の場合にも、レディースローンであれば融資可能であるのかといえば、それほど単純なものではありません。
レディースローンも通常は消費者金融の一種ですので、貸金業法とよばれる法律の適用を受け、借りる人の年収の3分の1を超えるような融資をすることは、法的に認められていません。

これは法律の規定によるものである以上、どこのレディースローンであっても同様であり、専業主婦のように本人に一定の年収がない人の場合は、審査の段階で認められることが難しくなってしまうのです。
つまりは、レディースローンとうたってはいても、それは正社員としてのほか、パートやアルバイトで働く女性が借りやすい雰囲気があるというだけであって、専業主婦にも優しい仕組みになっているとはいいがたいのです。

もしも専業主婦のままでも借り入れができるような機会はあるのかといえば、たとえば銀行系のカードローンなどのように、総量規制の対象外になっているようなローンのしくみであれば、場合によっては借り入れが可能なこともあります。

場合によってというのは、専業主婦である本人には所得がなかったとしても、配偶者である夫が会社や自営業といった定職に就いているため、確実に借金の返済が可能であるような場合が挙げられるでしょう。
これは、銀行系であれば貸金業法の規定の適用を受けず、総量規制にはあてはまらないということが理由となっています。

主婦お金借りる場合は、これらをよく理解してから行動するとよいでしょう。

旦那や家族にばれずに借りたい

キャッシングやカードローンは個人目的の借入用であるため、他のローンよりもプライバシー性が高くなっています。
しかし、ばれてしまう方は意外と多いので、ばれずに借りたい方はそのための方法を知っておく必要があります。
旦那や家族にばれるルートの多くは、電話と郵送書類となります。

金融機関から連絡が来るときは個人名を名乗るのが基本であり、家族が電話に出てもすぐにはばれません。
しかし、頻繁に個人名で電話が来るようになると、怪しまれてしまうことはあるでしょう。
電話をかわってもらっても、会話内容から怪しまれる可能性はあります。

もし遅延をしたことによる取立ての電話なら、いつまでに返済しますなどと電話口で話せば、家族が内容を察してしまうことは多いです。
キャッシングなどのローンを利用しており、返済期日までに返済できていないと会話内容で悟られるのです。

郵送書類が原因でばれるケースも多いので、Web明細の登録をして自宅に紙明細が来ないようにしましょう。
旦那や家族が自分宛の書類を勝手に見るのはよくないですが、興味本位で見てしまう方は実際にいます。
同じ空間で生活をしている以上は、隠し事をするのは容易ではありません。

旦那や家族にばれずに借りたいならば、連絡先は携帯・スマホに限定し、明細はWebを指定しておきましょう。

借り方は口座振込を基本として、返済も口座自動引き落としにします。
カードで頻繁に借りていると、ATMを操作しているところを誰かに見られかねません。

さらに紙明細も発行されるので、ポケットに入れておくと家族に見られる可能性があります。
自分用の預金口座を作っておき、その口座に振込融資、口座振替による返済を設定しておけば、ばれる可能性は限りなく低くなるでしょう。

あとは遅延を絶対にしないように常に意識をしておくことです。
遅延を繰り返すと固定電話に連絡が入ってしまう可能性もあり、長期遅延をすると勤務先に連絡がいくケースもあります。
返済期日までに返済をしていれば、金融機関側もプライバシーは厳守してくれるでしょう。

主婦が今すぐお金を借りるには

昔は主婦というと専業主婦の方が大半でしたが、最近では働き方が多様化している事もあってパートや企業の正社員で働いているという方も多くなっています。

正社員として働いている方であればキャッシングやカードローンを借りようとする時には特に心配する事は無いですが、専業主婦やパート勤めの方の場合は初めてだとお金を借りる事が出来るかどうか不安であるという方も多いです。

パート勤めの方の場合はキャッシングやカードローンは本人に定期的な収入があるという事が条件となっていて、その対象としてパートも含まれているというケースが多いので、短期でのパートで無ければ自分の収入に見合った金額を借りるのであればそれほど心配する必要はないです。

問題となるのは自分自身に収入が無い専業主婦の場合となります。
以前であれば専業主婦であったとしても配偶者の夫の収入を審査する事で借りる事が出来ていましたが、貸金業法が改正されて総量規制が出来てからは必ずしもそれが出来なくはなっているのです。

総量規制では年収の三分の一を超えるお金を借りる事は禁止されているのですが、それは本人の年収となっていて専業主婦の場合は審査の対象外となってしまうのです。

ただし、全てのキャッシングやカードローンを利用する事が出来なくなっているのではないので借りる事が全くできなくなった訳では無いです。
何故かというと、総量規制というのは貸金業者に対して適用される規制であるために、銀行の場合は総量規制対象外となるのです。

つまり専業主婦の場合は正社員やパートなどで自分自身に収入がある人達とは違って銀行の中から探す必要があり、消費者金融ではお金を借りる事は基本的には出来ないという訳です。

銀行でお金をすぐに借りたいという場合、最近では即日融資に対応している所もありますが、消費者金融と比べると急いで借りる事が出来る条件は限定されている事も多いので、その点については注意をしなくてはならないです。